LENNY BATON

男たちのダイヤモンド

男たちのダイヤモンド

こんにちは。LENNY BATONデザイナーの佐藤です。

前回の記事で、ダイヤモンドには意外な歴史が存在するとお伝えしました。

今回はその歴史を紐解きます。

今から5年前、スイスのジュネーブで19カラットの大きなピンクダイヤモンドが競売にかけられました。

驚愕の1446万ドル(約16.3億円)で落札されたそのダイヤの名は、

「Le Grand Mazarin」

250年にわたってフランス至宝の王冠を飾り、ルイ14世、ルイ15世、ルイ16世、ナポレオンと、絶対的な権力を持った男たちの間で受け継がれてきたとてもユニークな歴史をもちます。

ここで登場するルイ14世(1638 – 1715)は、専属の宝石商を抱え、「動くたびにダイヤの音がする」と言われるほどのダイヤ好き。

ルイ14世 ※男性です

研磨技術が開発されて以降、美しい宝石としての価値を見出されたダイヤモンドを、権力者のジュエリーとして世に知らしめた人物ともいわれています。

そして、かの皇帝ナポレオン(1769 – 1821)は、140カラットもの巨大なダイヤモンド「Regent Diamond」を剣の柄に嵌め込ませ、戴冠式で着用。その絶対的な権力を誇示したといいます。

ナポレオン・ボナパルト

現代では、女性の永遠の憧れともいうべきダイヤモンドですが、その起源を辿っていくと、今とは全く異なる価値観で愛されていたことがわかります。

では、なぜ彼らはそれほどまでにダイヤモンドに魅了され、なぜ権力の象徴として受け継いできたのでしょうか。

私はその答えが『ダイヤモンド』という名の語源にあると考えます。

長くなるのでこの続きはまた。

次回【ダイヤモンドは昔○○と呼ばれていた】をお楽しみに。

LENNY BATONデザイナー 佐藤

LENNY BATON Stradivari Collection Ring & Bracelet

【LENNY BATON】

Official Web Site

Official Instagram

Official Blog Top